無料カウンセリング予約はこちら

人生最後のダイエット

世界初、唯一の経口GLP-1受容体作動薬 リベルサス錠について

2021年2月5日に、世界初、唯一の経口GLP-1受容体作動薬であるリベルサス錠が発売となりました。

 

GLP-1は、インクレチンと呼ばれるホルモンの一つであり、膵β細胞上のGLP-1受容体に結合し、血糖依存的にインスリン分泌を促進します。また、膵α細胞からのグルカゴン分泌を抑制します。このような機序で、血糖値を低下させます。さらに食欲を抑制することで体重減少効果もあることから、2型糖尿病患者様にひろく用いられています。

 

現在までのGLP-1受容体作動薬は全て注射製剤であり、1日1-2回もしくは週に1回皮下に自己注射する必要がありました。しかし、今回発売されたリベルサス錠は経口のGLP-1受容体作動薬であり、自己注射をする必要はありません。経口GLP-1受容体作動薬が発売されたことで、今まで注射が苦手であったり、自己注射手技が煩雑で使用できなかった患者様に使用できるようになることが予想されます。

 

ここで、経口GLP-1受容体作動薬であるリベルサス錠の効果や副作用について、国内第3相臨床試験のPIONEER 10 で確認していきたいと思います。このPIONEER 10 の主要目的は、日本人2型糖尿病患者を対象として、経口糖尿病薬単剤(SU、グリニド、TZD、α-GIまたはSGLT-2阻害剤)併用下で、リベルサス3用量(3、7、14mg)の1日1回投与の安全性及び忍容性をデュラグルチド0.75mg(トルリシティー皮下注射:GLP-1注射製剤)の週1回皮下投与と比較検討する、です。対象は、経口糖尿病薬単剤(SU、グリニド、TZD、α-GIまたはSGLT-2阻害剤)による治療で十分な血糖コントロールが得られていない日本人2型糖尿病患者458例です。52週間、多施設共同、無作為割り付け、非盲検でおこないました。患者をリベルサス3mg群(n=131名)、7mg群(n=132名)、14mg群(n=130名)、デュラグルチド0.75mg(トルリシティー皮下注射:GLP-1注射製剤)群(n=65)に無作為に割り付けられています。評価項目は、HbA1c(血糖コントロールも指標)のベースラインから投与後26週までの変化量、投与後26週間におけるHbA1c目標達成率、体重のベースラインから投与後26週までの変化量、投与後約57週で発現した有害事象の発現件数など、です。

 

結果ですが、まずHbA1c(血糖コントロールも指標)のベースラインから投与後26週までの変化量は、リベルサス3mg群、7mg群、14mg群とデュラグルチド0.75mg群でそれぞれ、-1.1%、-1.7%、-2.0%、-1.5%でした。リベルサス14mg群はデュラグルチド0.75mg群と比較して有意に低下した(p=0.0006)。リベルサス7mg群とデュラグルチド0.75mg群の間に有意差は認めなかった。一方で、リベルサス3mg群はデュラグルチド0.75mg群と比較して有意に小さい結果であった。(p=0.0026)。HbA1c目標達成率も同様の結果であった。

 

これらの結果より、維持用量であるリベルサス7mgの血糖降下作用は、デュラグルチド0.75mg週に1回皮下注射とほぼ同等と考えることができます。

 

また、体重への影響ですが、リベルサス3mg群、7mg群、14mg群とデュラグルチド0.75mg群でそれぞれ、-0.2kg、-1.0kg、-2.2kg、+0.3kgでした。リベルサス7mg群、14 mg群は

デュラグルチド0.75mg群と比較して有意に体重を減少させました。

 

有害事象(安全性)に関しましては、その発現割合はリベルサス3mg群、7mg群、14mg群とデュラグルチド0.75mg群でそれぞれ、77.1%、80.3%、85.4%、81.5%でした。最も高頻度で報告された有害事象は全ての群で上咽頭でした。便秘や悪心、下痢などの消化器症状は、リベルサスに関しては、用量依存性に高くなり傾向が認められました。

 

この国内第3相臨床試験のPIONEER 10では、経口GLP-1受容体作動薬であるリベルサス錠は、従来の注射製剤であるデュラグルチド0.75mg(トルリシティー皮下注射:GLP-1注射製剤)の週1回皮下投与と比較して、血糖降下作用に関しては非劣性であり、体重減少効果に関してはより大きいことがわかると思います。

 

最後にこの経口GLP-1受容体作動薬であるリベルサス錠の内服方法についてお話します。

一般的な内服薬は食後に服用するものが多いかと思いますが、リベルサス錠は早朝空腹時に120ml以下の水で服用します。その後30分以上は飲食してはいけません。理由としては、吸収が阻害されるからです。効果をしっかり発現させるためには正しい時間・服用方法を守っていただく必要があります。

院長

Fumitaka Haseda

日本糖尿病学会、日本内科学会、日本ダイエットコーチング協会所属など、ダイエットに関して、しっかりとした知識と経験をもち、きめ細かいサポートで成功に導く寄り添う医療が信条のドクター。