リベルサス通販の最安値を比較!おすすめのクリニックと個人輸入の危険性も解説

リベルサスの通販が安いおすすめクリニック!個人輸入の危険性についても解説
※CLINICFORの情報提供元 : CLINICFOR

リベルサスはGLP-1受容体作動薬の中で唯一、経口タイプの飲み薬です。注射薬が苦手な人でも気軽に服用できるのが最大のメリット。

1日1回、空腹時に飲むだけで食欲抑制・満腹感の持続・脂肪燃焼の作用があり、ダイエット効果に期待できます。

メディカルダイエットの中でも人気のリベルサスは、オンライン診療に対応したクリニックでも処方してもらえます。カウンセリングから診察・薬の処方まで、全てスマホやパソコンで完結できるため、好きな場所で好きな時間に診察できるので忙しい人にもおすすめ。

当記事では、リベルサスのオンライン診療に対応したおすすめのクリニックを紹介しています。

リベルサスの特徴や効果についても解説しているため、GLP-1ダイエットを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

この記事のポイントを解説
  • リベルサスは食欲を抑えて内臓脂肪を燃焼してくれる効果がある
  • 副作用にや吐き気や腹痛、便秘がある
  • 個人輸入の通販サイトは偽物が多く利用しない方がいい
  • 通販で購入するならオンライン診療がおすすめ
  • リベルサスのオンライン診療のおすすめクリニックを紹介

【リベルサスの通販が安い】

目次

【2024年3月版】リベルサスの通販価格比較表

個人輸入サイトとオンラインクリニックのリベルサス3mg30錠の価格を調査しました。

リベルサスは個人輸入の通販サイトで購入するよりも、オンラインクリニックで医師の診察のもと処方してもらうほうが価格も安く、個人輸入サイトで購入するメリットはありません。

以下の表を参考にしてください。

通販サイト(オンラインクリニックを含む)リベルサス3mg30錠の価格
クリニックフォア9,350円
DMMオンラインクリニック9,680円
プライベートスキンクリニック9,900円
MYメディカルクリニック18,000円
ベストドラッグ21,900円
オオサカ堂22,212円
ネットのくすり屋さん24,500円
お薬なび24,500円
お薬通販部29,500円
薬の通販オンライン29,700円
アイドラッグストアー29,740円

リベルサスとはどんな薬?効果と副作用について解説

リベルサスとはどんな薬?効果と副作用について解説

リベルサスとは、GLP-1受容体作動薬と呼ばれる内服タイプの薬剤で、2型糖尿病治療剤として日本でも承認を受けています。同じリベルサスですが、肥満治療薬としては承認されていないので保険適応にはなりません。

リベルサスに含まれる有効成分「セマグルチド」には、食欲抑制の作用があります。メディカルダイエットの薬としても使われており、米国、EU、スイス、カナダでは高度肥満症の治療薬としても承認されています。

リベルサスには3mg・7mg・14mgの3種類があり、成分量が少ない3mgから服用を始め、徐々に調整していくのが一般的です。

飲み始めは胃腸障害の副作用が起こりやすい傾向にありますが、継続することで体が慣れていき症状が和らぎます。

リベルサスの効果と副作用

リベルサスの効果と副作用

リベルサスを服用すると、食欲が抑制されるほか、胃腸の働きを緩やかにすることで食べ物の消化が遅くなり、少量の食事でも満腹感が持続します。更に、内臓脂肪を燃焼する効果も期待でき、痩せ体質へと導きます。

ここからはリベルサスの効果について詳しくみていきましょう。

・食欲を抑える

リベルサスは胃腸の働きを調整することで、普段より少ない食事でも満腹感を得やすくなります。満腹中枢が刺激されることで空腹感がなくなり、自然と食欲が抑えられます。

更に、食べ物を吸収する速度が遅くなることで、糖分の吸収速度も緩やかになります。食後に血糖値が急上昇するのを防ぎ、食後の高血糖を避ける作用もあります。

・糖分を消費しやすくする

リベルサスは、もともと体内に存在するGLP-1というホルモンに似た働きをする薬です。

GLP-1は食後の血糖値の上昇を抑えるために、膵臓からインスリンを分泌させます。GLP-1の働きでインスリン量が増えると、血中の糖分が減るため血糖値が低下します。血糖値が下がると、筋肉などの細胞で糖をエネルギー源として消費しやすくなります。

・脂肪燃焼しやすい体質になる

脂肪細胞には、内臓脂肪や皮下脂肪を溜め込む「白色脂肪細胞」と、脂肪燃焼作用のある「褐色脂肪細胞」があります。

カロリー消費を促す褐色脂肪細胞は、加齢や肥満によって機能が低下します。褐色脂肪細胞の働きが衰えると、カロリー消費しにくい体質になるため、太りやすくなります。

リベルサスには褐色脂肪細胞の働きを活性化させる作用があり、脂肪燃焼しやすい体質を目指すことができます。

リベルサスを安全に服用するために気を付けたいこと

リベルサスを安全に服用するために気を付けたいこと

できるだけ安全にリベルサスを使用してダイエットするために気を付けたいこと・知っておきたいことを紹介します。

【リベルサスの副作用】

リベルサスには、吐き気や嘔吐・下痢・胸やけ・便秘・腹痛などの胃腸障害や、脱力感・倦怠感・めまいなどの副作用が1~5%の出現率で起こる可能性があります。

内服を続けるうちに1~2週間ほどで症状が落ち着くことがほとんどですが、増量した際にはまた副作用を感じやすい場合があります。

重篤な副作用として低血糖や急性膵炎のリスクもあります。低血糖は頭痛、頻脈、倦怠感などの軽度の場合もあれば、重篤になると意識を消失することもあるので注意が必要です。命に危険を及ぼす可能性もあることを覚えておきましょう。

極度の空腹感や冷や汗・顔面蒼白・動悸・震えなどの症状がある場合は、服用を中止してすぐに医師の診察を受けましょう。

【個人輸入の危険性】

リベルサスは個人輸入でも購入できますが、正規ルート以外での購入はリスクがあるため避けましょう。

リベルサスに限らず、個人輸入で購入できる医薬品は効果や安全性が保証されていません。粗悪品や偽物の可能性もあり、効果が出ないどころか健康被害を受けるリスクもあります。

副作用以外の症状が起こることもあり、その場合は医師でも原因が特定できず治療が困難になる可能性も。

個人輸入した医薬品による健康被害においては、医薬品副作用被害救済制度の対象外となり、医療費や年金などの給付を受けることができません。

また、個人輸入のリベルサスは意外と高額なものが多いです。海外からの送料も上乗せされるとオンラインクリニックで処方してもらうより高くなることがほとんどです。高いのに危険性も高いとメリットははっきり言ってないので、個人輸入は避け必ずクリニックで医師の処方のもと服用しましょう。

【医療機関で処方してもらう】

クリニックを受診すればリベルサスを安全に処方してもらえます。

専門知識をもった医師によるカウンセリングや診察を受けたうえで、正規ルートからリベルサスを入手できます。

効率よくダイエットできるようにサプリメントや痩身法の提案があったり、食事の見直しや運動療法などのアドバイスを受けられることも。

副作用が起こった場合のアフターケアもあるため、安心してダイエットに取り組めるでしょう。

最近では、オンライン診療に対応したクリニックも増えてきています。自費診療で治療費が気になる人もいるかもしれませんが、交通費や通院の手間が省けます。薬自体の費用は通院が必要案クリニックとほぼ変わらないので、好きな時間に好きな場所で受けられ、自宅に薬が届くオンライン診療がおすすめです。

参考サイト : 医療用医薬品 : リベルサス

リベルサスと他のGLP-1受容体作動薬との違い

リベルサスと他のGLP-1受容体作動薬との違い

2型糖尿病治療薬として日本で承認されているGLP-1製剤の中で、クリニックで使用されることの多い薬剤は以下の4種類です。

  • サクセンダ
  • ビクトーザ
  • オゼンピック
  • リベルサス

リベルサスと他の薬剤との大きな違いは、内服薬か注射薬かどうかです。リベルサス以外の薬剤は全て注射薬となっています。

また1ヶ月あたりの料金もリベルサスが一番安いのが特徴。注射タイプの薬剤が2~3万円なのに対して、リベルサスはおよそ半額の1万円程度で購入できます。

リベルサスは内服するだけで効果を得られるため、注射に抵抗がある人に適しています。ただし、経口タイプは消化吸収の際に、薬剤が100%体内に吸収されることが難しいと考えられます。

一方、注射タイプは血管を通して直接体内へ注入するため、成分が100%吸収されます。

注射薬に比べてリベルサスは効果の現れ方が緩やかですが、体への負担が少なく自然に痩せられるメリットがあります。

参考サイト : インスリン製剤、GLP-1受容体作動薬 一覧表

GLP-1受容体作動薬以外の薬はある?

メディカルダイエットで使用される薬には、GLP-1受容体作動薬以外にSGLT2阻害薬や漢方薬などがあります。

SGLTS阻害薬は、尿によって糖を体外へ排出することで血糖値を低下させる薬です。食事で糖質制限するのと同じ状態になるため、ダイエット効果が期待できます。

メディカルダイエットで使われる漢方薬「防風通聖散」には、代謝をアップさせることでカロリー消費を促す作用があります。

「防已黄耆湯」には、むくみの原因となる水分の代謝を促す働きや、脂質代謝を高めて余分な脂肪を分解・燃焼する作用があります。

「大柴胡湯」には、ストレスホルモンの増加を抑制する働きや、脂質代謝を活性化させる働きがあります。ストレスからの食べ過ぎによる肥満を改善することで、ダイエットをサポートします。

リベルサスの正しい飲み方

リベルサスの正しい飲み方

リベルサスは用法・用量を守って正しく服用することが大切です。ここからは、リベルサスの正しい飲み方を紹介します。

・服用は1日1回

もともと体内にあるGLP-1は分解されやすく、短時間しか効き目がありません。一方、リベルサスは1日1回の服用で効果が持続するように、GLP-1の働きをもとに改良された薬剤です。

服用回数は1日1回でOK。割ったり砕いたりして服用するのは避けましょう。正しい効果を得られないばかりか、副作用が強くでる可能性もあります。

・空腹時に飲む

リベルサスは朝起きた時など、空腹の状態で服用するのが基本です。リベルサス1錠に対して120ml以下の水で服用します。

胃の中に食べ物や飲み物が入っている状態では、リベルサスの吸収が悪くなります。服用後も30分以上は飲食や他の薬の服用を控えてください。

・服用する直前にシートから取り出す

リベルサスは湿気や光に弱いため、服用する直前にシートから取り出すようにしましょう。

シートから取り出した状態で保管すると、十分な効果を得られない可能性があるため注意してください。

リベルサスにかかる費用の相場

リベルサスにかかる費用の相場

リベルサスを2型糖尿病の治療で使用する場合は保険適用になりますが、ダイエット目的の場合は保険適用外の自費診療となります。

リベルサスには3mg・7mg・14mgの3種類があります。飲み始めは副作用が出やすいことを考慮して、3mgを4週間から始めるのが一般的。増量する場合は4週間ごとに、段階を上げていき、最大投与量の14mgまで増やせます。

服用するにあたって、このような決まりがあり、用量や服用期間によっても料金が代わります。

リベルサスの価格設定はクリニックによって異なりますが、1ヶ月にかかる費用の相場は以下のとおりです。

3mg10,000~20,000円
7mg20,000~25,000円
14mg30,000~40,000円

薬代にプラスして、診察料や検査料などがかかるクリニックもあります。いずれもダイエットのための治療になると自費診療になります。

リベルサスのオンラインクリニックを選ぶポイント

リベルサスを取り扱うオンラインクリニックも増えてきたので、どういう基準でクリニック選びをすればいいのか抑えておきたいポイントを見ていきましょう。

オンラインクリニックを選ぶポイント
  • 続けやすい価格とシンプルな料金体系であるか
  • ダイエットを成功させるサポート体制があるか
  • 自分にとって使いやすいか

・続けやすい価格とシンプルな料金体系であるか

リベルサスは経口タイプのため、注射タイプと比べると効果が緩やかなため、大体半年~1年ほどが治療期間の目安とされています。
半年~1年継続できる価格であるか、薬代や診察費、送料など、かかる治療費用の総額が自分の予算内であるかを一度考えてみましょう。
各クリニック色々なプランが用意されているので、シンプルな料金体系で治療費用がはっきりと分かるようなクリニックを選ぶといいでしょう。

システム利用料がかかるようなクリニックもあったり、血液検査が事前に必要になったりすることもあります。そういった料金に関しても事前にチェックしておきましょう。

・ダイエットを成功させるサポート体制があるか

副作用が起こるリスクがあるGLP-1ダイエットを行うのであれば、しっかりと成功させたいですよね。そのためにはどういった計画でダイエットを行うかのカウンセリングや、副作用が出ても続けられるようなアフターサービスなどのサポート体制が整っていることが重要です。

・自分にとって使いやすいか

診療時間や予約の取りやすさ、支払い方法、発送のスピード感など、細かなことですが自分のライフスタイルと合っているかも続けるうえでは大切なポイントです。不便と感じる点が少ない方が継続しやすいので、そういう視点でもチェックしてみてください。

【オンライン診療対応】リベルサスの通販が安いおすすめのクリニック13選

【オンライン診療対応】リベルサスの通販が安いおすすめのクリニック13選

GLP-1受容体作動薬のリベルサスは、オンライン診療に対応したクリニックで処方してもらえます。

ここからはリベルサスの通販が安いおすすめのクリニックを紹介します。オンラインなら全国どこからでも受診が可能。サービス内容や料金を比較したうえで、ご自身に合ったところを選んでください。

クリニックフォアはリベルサスが月額9,350円と安い

クリニックフォアはリベルサスが月額9,350円と安い
クリニックフォアの特徴
  • リベルサスが業界最安値クラスの月額9,350円
  • 定期配送なら15%OFF
  • 2週間のトライアルプランあり

クリニックフォアはオンライン診療と対面診療の両方に対応したクリニックです。

GLP-1ダイエットのリベルサスとオゼンピックによるプランを用意。

じっくり痩せる脂肪燃焼漢方プランや糖質カットプランには、2週間お試しできるトライアルプランが設けられています。

リベルサスは業界最安値クラスの月額9,350円で処方してもらえます。

1ヶ月分から購入できますが、3ヶ月分・6ヶ月分のまとめ買いや定期購入がお得。薬代のほか、診察料1,650円と配送料550円が必要です。

治療薬は処方された当日に発送され、最短で翌日には到着。

通院できる人にはダイエット施術のオプションもおすすめ。部分痩せのハイフやボトックスの施術と併用することで、より効率よくダイエットできるでしょう。

・短期で集中的に痩せていくプラン【内服薬】

スクロールできます
GLP-1毎日内服プラン1ヶ月分3ヶ月分半年分定期配送
リベルサス3mg11,000円31,350円59,400円9,350円
リベルサス7mg22,000円62,700円118,800円18,700円
リベルサス14mg36,300円103,455円196,020円30,855円
スクロールできます
GLP-1効果重視プラン1ヶ月3ヶ月分半年分定期配送
ルセフィ+リベルサス3mg28,600円81,510円154,440円24,310円
ルセフィ+リベルサス7mg39,600円112,860円213,840円33,660円
ルセフィ+リベルサス14mg53,900円153,615円291,060円45,815円

・短期で集中的に痩せていくプラン【注射薬】

スクロールできます
GLP-1週1回投与プラン1本3本
オゼンピック24,750円63,112円

・じっくり自然に痩せていくプラン

スクロールできます
プラン1ヶ月分3ヶ月分半年分定期配送
脂肪燃焼漢方プラン(防風通聖)散6,578円18,747円35,521円5,591円
糖質カットプラン(ルセフィ)19,580円55,803円105,732円16,643円
内服バランスプラン(ルセフィ+防風通聖散)25,850円73,672円139,590円21,972円

・2週間分のトライアルプラン

プラン期間料金
脂肪燃焼漢方プラン(医療用漢方)2週間分4,378円
糖質カットプラン(SGLT2阻害薬)2週間分10,428円
内服バランスプラン(SGLT2阻害薬+医療用漢方)2週間分14,278円

【初診料0円+薬代1,200円OFF】

※お薬の処方がない場合は診察料がかかります

※全リベルサス(定期配送のみ)・オゼンピックが対象

DMMオンラインクリニックは15日分のお試しプランあり

DMMオンラインクリニックは15日分のお試しプランあり
DMMオンラインクリニックの特徴
  • 1日169円からGLP-1ダイエットできる
  • 最短当日に薬が到着
  • 15日分のお試しプランあり

DMMオンラインクリニックでは、GLP-1や糖質カット、脂肪吸収抑制剤、漢方薬によるメディカルダイエットのオンライン診療に対応しています。

業界最安値クラスだから、できるだけコストを抑えてダイエットしたい人におすすめ。1日あたり169円からGLP-1ダイエットを始められます。

治療薬は単品での購入も可能ですが、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月の定期購入なら割引が適用されてお得に継続できます。診察代は初診も再診も完全無料。治療にかかるのは薬代と配送料550円のみです。処方された治療薬は最短で当日に到着。土日の診療にも対応しています。

メディカルダイエットが初めての人でも安心。15日のお試しプランも用意されています。

スクロールできます
プラン治療薬定期便1ヶ月定期便3ヶ月定期便6ヶ月単月1ヶ月分
メディカルダイエット3mgプランリベルサス(3mg)/30錠8,778円24,684円49,368円9,680円
メディカルダイエット7mg移行プランリベルサス(3mg)×10日/10錠 リベルサス(7mg)×20日/20錠対応なし対応なし対応なし15,180円
メディカルダイエット7mgプランリベルサス(7mg)/30錠16,478円47,124円94,248円18,480円
メディカルダイエット14mgプランリベルサス(14mg)/30錠26,268円75,174円150,348円29,480円
脂肪燃焼プランいずれか1つ ①防風通聖散/90包 ②防已黄耆湯/90包 ③大柴胡湯/60包5,588円16,764円33,528円6,490円
糖質カットプランジャディアンス/30錠14,670円45,540円91,080円17,930円
内服バランスプランシナール/90錠 ビタノイリン/90錠 ハイチオール錠(80mg)/90錠4,059円11,484円22,968円4,510円
脂肪吸収抑制プランオルリファストカプセル(120mg)/30カプセル6,688円18,744円37,488円7,370円
ダイエットサプリプランBBX/30錠8,910円25,344円50,688円9,900円

ファイヤークリニックは3ヶ月間のモニター制度でお得に試せる

ファイヤークリニックは3ヶ月間のモニター制度でお得に試せる
ファイヤークリニックの特徴
  • 初診からオンライン診療に対応
  • 全額返金保証制度あり
  • 3ヶ月間のモニター制度あり

ファイヤークリニックは新宿・渋谷・銀座に院を構えており、オンライン診療のほか対面診療にも対応しています。

オンラインによるメディカルダイエット以外に、脂肪溶解注射やハイフ、ダイエット点滴などの施術を受けることも可能。

初診からオンライン診療に対応しており、カウンセリングや診察、血液検査は全て無料となっています。GLP-1受容体作動薬として、内服タイプのリベルサスの取り扱いもあるため、自己注射が苦手な人でも安心です。

定期コースはありませんが、全額返金保証制度を用意。治療を始めて21日以内なら返金対応が可能です。

お得に治療を受けられる3ヶ月間のモニターも募集しているため、コストを抑えてダイエットを始めたい人は要チェックです。

プラン料金
サクセンダ1本23,000円(初回17,800円)
リベルサス3mg30錠18,000円(初回11,000円)
SGLT2阻害薬30錠27,500円
ゼニカル30錠18,000円
サノレックス30錠27,500円

プライベートスキンクリニックは全国どこでも治療を受けられる

プライベートスキンクリニックは全国どこでも治療を受けられる
プライベートスキンクリニックの特徴
  • GLP-1ダイエットが安い
  • ダイエットメニューが豊富
  • オンライン診療と対面診療に対応

大阪梅田に院を構えるプライベートスキンクリニックでは、GLP-1のサクセンダやリベルサスによるダイエットプランを用意。対面診療のほか、オンライン診療にも対応しているため、全国どこからでも治療を受けられます。

通院できる場合はハイフやボトックス、脂肪溶解注射、ダイエット点滴などの施術もおすすめ。部分痩せにも対応しているため、治療薬との併用で理想の体型に近づけるでしょう。

プライベートスキンクリニックのメディカルダイエットはエステの痩身とは違って、医療資格をもつ医師や看護師が対応。体質や要望に合った施術プランを提案してもらえます。

自己流のダイエットやエステの痩身で失敗した人・結果が出なかったも試してみる価値はあるでしょう。

プラン料金
サクセンダ1本 16,500円
専用針14日分 550円
アルコール綿14日分 550円
リベルサス3mg30錠 9,900円
7mg30錠 19,800円
14mg30錠 38,500円

ZENクリニックは23時まで診療に対応している

ZENクリニックの特徴
  • 3ヶ月分のまとめ買いがお得
  • 23時まで診療に対応
  • 全額返金保証制度あり

ZENクリニックは、銀座と梅田に院を構える「禅クリニック」のオンライン診療部門です。

GLP-1ダイエットでは、リベルサスとサクセンダを処方してもらえます。23時まで診療しているため、仕事が忙しくて日中受診できない人でも安心。

治療薬は1ヶ月分から購入できますが、まとめ買いがお得。例えばサクセンダなら1本35,200円ですが、5本まとめ買いなら30,173円となり、1本あたり5,027円お得です。

送料1,100円かかることを考慮しても、まとめ買いが断然お得。現在、サクセンダを1本15,400円で購入できるキャンペーンを実施中です。

ZENクリニックでは初診料として最初だけ3,300円の診察料がかかります。診察の結果によっては郵送による血液検査が必要になる場合もあります。

治療を継続しても効果を得られない場合でも、全額返金保証制度があるから安心。返金の適用条件についてはオンライン診療の際に確認してみてください。

リベルサス3mg30錠16,280円
60錠31,909円
90錠46,398円
リベルサス7mg30錠30,580円
60錠59,937円
90錠87,153円
リベルサス14mg30錠46,200円
60錠90,552円
90錠119,700円
サクセンダ【初回限定】
1本15,400円
【通常 】
1本35,200円
2本67,887円
3本98,060円
4本125,720円
5本150,867円

湘南美容クリニックは17日分の処方が可能

湘南美容クリニックは17日分の処方が可能
湘南美容クリニックの特徴
  • 全国に100院以上構える大手
  • オンライン診療と対面診療に対応
  • 17日分からの処方が可能

全国に100院以上構える大手美容外科の湘南美容クリニックでは、対面診療のほかオンライン診療にも対応しています。

GLP-1ダイエットでは、内服タイプのリベルサスと注射薬のサクセンダ・オゼンピックを処方。17日分から購入できるため、お試し感覚でダイエットを始められます。

湘南美容クリニックには、各分野に精通した医師が多数在籍しているため、メディカルダイエットが初めての人でも安心して治療を始められるでしょう。

対面診療では、厚生労働省やアメリカFDA承認の痩身マシンを使った施術にも対応。通院できる場合は、治療薬との併用で、よりスムーズにダイエットできるでしょう。

湘南美容クリニックでは、何度でも無料でカウンセリングを受けられます。GLP-1ダイエットに関心はあるけど、不安もあって治療を始められないという人でも、気軽にカウンセリングで相談してみましょう。

プラン料金
ラクやせ外来(サクセンダ)毎日注射17日分初回24,800円
ラクやせ外来(サクセンダ)毎日注射30日分 スタンダードプラン59,800円
ラクやせ外来(オゼンピック)1 ヶ月分1本2.0mg24,750円
リベルサス3mg30錠11,000円
リベルサス7mg30錠22,000円
リベルサス14mg30錠36,300円

東京美容外科はダイエットメニューが豊富

東京美容外科はダイエットメニューが豊富
東京美容外科の特徴
  • 20年間医療事故ゼロ
  • ダイエットメニューが豊富
  • 美容外科施術の実績豊富な医師が多数在籍

東京美容外科は20年間医療事故ゼロを誇る信頼できるクリニックです。GLP-1ダイエットに手術は必要ありませんが、美容外科の施術経験が豊富な医師が多数在籍しているため、安心して診察を受けられるでしょう。

東京美容外科ではGLP-1受容体作動薬のリベルサスとサクセンダを取り扱っています。内服薬を処方してもらえるため、自己注射が苦手な人にもおすすめ。

通院できる場合はダイエット点滴や脂肪溶解注射、脂肪吸引などの施術もおすすめです。治療薬との併用で、よりスムーズに理想の体型に近づけるでしょう。

その他に、ダイエットサプリの「BBX」や痩せ薬「サノレックス」の処方も可能。

カウンセリングでは体型やダイエットに対する悩みをじっくりヒアリング。1人ひとりの体質や要望に合った治療を受けることができます。

プラン料金
サクセンダ1本35,000円
リベルサス1錠(3mg)600円
リベルサス1錠(7mg)1,200円

東京オンラインクリニックは土日祝日も診療できる

東京オンラインクリニックは土日祝日も診療できる
東京オンラインクリニックの特徴
  • 土日祝日も診療可
  • 診察料は完全無料
  • 定期購入による割引あり

東京オンラインクリニックは、初診からオンライン診療に対応。リベルサスやジャディアンスなどのダイエット治療薬を処方してもらえます。

薬の定期配送にも対応しており、初回の診察と同じ薬の処方なら定期的に自宅へ配送。わざわざクリニックを受診しなくても治療を継続できます。治療にかかるのは薬代のみ。診察料は完全無料となっています。

東京オンラインクリニックでは、治療薬を1ヶ月分から購入することもできますが、3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月分の定期配送によるまとめ買いがお得。

公式LINEでは期間限定の割引情報を随時配信しています。お得情報を逃さないように、友だち登録しておきましょう。

スクロールできます
プラン1ヶ月分3ヶ月分6ヶ月分12ヶ月分
ジャディアンス10mg/30錠16,000円45,600円86,400円163,200円
リベルサス3mg/30錠7,800円22,800円44,400円86,400円
リベルサス7mg/30錠17,000円48,000円93,000円174,000円
リベルサス14mg/30錠30,000円85,500円162,000円30,600円
ゼニカルジェネリック120mg/30錠6,000円17,100円32,400円61,200円
防風通聖散/90錠5,500円15,675円29,700円56,100円
防已黄耆湯/90錠5,500円15,675円29,700円56,100円
大柴胡湯/90錠5,500円15,675円29,700円56,100円

渋谷駅前おおしま皮膚科は注射薬のクール配送便にも対応

渋谷駅前おおしま皮膚科は注射薬のクール配送便にも対応
渋谷駅前おおしま皮膚科の特徴
  • 5種類のGLP-1受容体作動薬を処方
  • 注射薬のクール配送便にも対応
  • 週1回注射タイプのマンジャロの取り扱いあり

渋谷駅前おおしま皮膚科では、5種類のGLP-1受容体作動薬を取り扱っています。いずれもオンライン診療による処方が可能。続けやすくシンプルな料金体系が魅力です。

診察料と薬の配送料として、それぞれ1,100円かかります。ただし、注射薬の鮮度を保つためのクール便を利用する場合の配送料は2,200円となっています。

治療薬は1ヶ月分から購入できますが、まとめ買いも可能。その場合の診察料や郵送料も一律となっています。GLP-1治療薬を長期的に継続したい場合は、診察の手間が省けるまとめ買いがおすすめです。

注射薬のビクトーザとサクセンダは小さいペン型の注射針を使用するため痛みはほとんどありません。一方、オゼンピックは注入する薬液の量が多いため若干痛みを伴います。自己注射に抵抗がある人には、内服タイプのリベルサスがおすすめです。

毎日の投薬が面倒な人には、週1回注射するタイプのマンジャロがおすすめ。マンジャロは2023年4月から新しく販売開始した治療薬で、体重減少効果の高い薬として注目されています。

治療薬料金
リベルサス3mg30日分5,830円
リベルサス7mg30日分14,080円
リベルサス14mg30日分20,900円
オゼンピック2.0mg1本16,280円 針・消毒綿8回分550円
ビクトーザ1ヶ月分18mg1本21,450円
サクセンダ1ヶ月分18mg1本16,280円
マンジャロ皮下注アテオス1ヶ月分2.5mg4本15,400円
マンジャロ皮下注アテオス5mg1ヶ月分4本30,800円

トータルスキンクリニックはSGLT-2阻害薬も処方してくれる

トータルスキンクリニックはSGLT-2阻害薬も処方してくれる
トータルスキンクリニックの特徴
  • GLP-1製剤とSGLT-2阻害薬を処方
  • オンライン診療に対応
  • アフターケアが充実

トータルスキンクリニックではGLP-1製剤のリベルサスとサクセンダ、SGLT-2阻害薬のカナグルを取り扱っています。

対面診療のほかオンライン診療による治療薬の郵送にも対応。健康診断の血液検査結果がない場合は、検査料として別途30,000円が必要です。

リベルサスとサクセンダは、どちらもGLP-1製剤として同じような作用がありますが、ダイエット効果を重視する場合はサクセンダがおすすめ。

内服タイプのリベルサスは胃の中の消化酵素によって分解されやすく、成分が十分に吸収されない場合も。その点、注射タイプのサクセンダなら、確実に成分を体内へ取り込むことができます。

価格で選ぶなら、リベルサスの方が安く継続しやすいといえます。使い方として、まずはサクセンダで体重を落とした後に、リバウンド防止でリベルサスを使用するのもおすすめ。予算や目的に応じて自分に合った治療薬を選びましょう。

治療薬料金
サクセンダ1本20,000円
サクセンダ2本38,000円
サクセンダ3本54,000円
サクセンダ4本68,000円
サクセンダ5本80,000円
リベルサス3mg30錠10,000円
リベルサス3mg100錠25,000円
リベルサス7mg30錠20,000円
リベルサス7mg100錠50,000円
リベルサス14mg30錠30,000円
リベルサス14m100錠75,000円
カナグル100mg100錠35,000円

ミカミクリニックは漢方薬やサプリメントも処方してくれる

ミカミクリニックは漢方薬やサプリメントも処方してくれる
ミカミクリニックの特徴
  • GLP-1製剤や漢方薬・サプリメントによるダイエット
  • 診察時間は9時~12時
  • 事前のオンライン予約で待ち時間なし

ミカミクリニックではGLP-1受容体作動薬のリベルサスを処方しています。初診からオンライン診療に対応。アプリの利用料として1回330円、情報通信機器利用に550円かかります。また、薬の配送料は全国一律で660円となっています。

GLP-1のほか、EMS治療や漢方薬療法、点滴療法によるダイエットにも対応。厚生労働省認可の安全なダイエットサプリ「サノレックス」の処方も可能です。あらゆる角度からダイエットに取り組みたい人におすすめです。

診療時間は月・水・金・土の9時~12時まで。時間が限られますが事前予約すれば待ち時間なくオンライン診療で薬を処方しえもらえます。

リベルサス3mg10日分10錠4500円
リベルサス7mg10日分10錠7300円
リベルサス10mg10日分10錠11000円n

イーヘルスクリニックは治療薬が最短当日発送

イーヘルスクリニックは治療薬が最短当日発送
イーヘルスクリニックの特徴
  • GLP-1ダイエットは月額9,800円~
  • 栄養士による食事指導あり
  • 初診からオンライン診療に対応
  • 治療薬は最短で当日発送

イーヘルスクリニックでは、来院とオンラインによる診療を行っています。新宿三丁目駅から徒歩1分の好立地。土日の診療にも対応しているため、平日に時間が取れない人でも安心です。

GLP-1治療のリベルサスならオンライン処方が可能。週1回注射タイプのマンジャロを希望する場合は対面診療が必要となります。

有料にはなりますが、経験豊富な管理栄養士による食事指導も可能。肥満外来メニューを申し込んだ場合は、初回無料で利用できます。

同じ薬を処方する場合は診察不要で最長12ヶ月、定期便で薬を届けてもらえます。定期便に回数縛りはなく、解約する場合は発送日の10日前までの申請で対応してもらえます。

リベルサス3mg9,800円
リベルサス7mg16,800円
リベルサス7mg+フォシーガ26,600円

ライトメンタルクリニックはオンライン診療の時間が10分で済む

ライトメンタルクリニックはオンライン診療の時間が10分で済む
ライトメンタルクリニックの特徴
  • リベルサスとオゼンピックのオンライン処方が可能
  • オンライン診療にかかる時間は10分程度
  • 土日診療にも対応

ライトメンタルクリニックでは、GLP-1製剤のリベルサス・オゼンピック・マンジャロを処方しています。リベルサスとオゼンピックはオンライン診療で処方が可能。マンジャロは対面診療が必要になります。

オンライン診療にかかる時間は10分程度。リベルサスは最大90日分、オゼンピックは最大6本までの処方が可能。リベルサスは異なる成分量の組み合わせにも対応しています。薬の郵送料として別途1,600円かかります。

クリニックは新宿の高田馬場にあり、土日診療も行っているため平日の受診が難しい人でも安心です。土日の診療は18時まで。19時~23時まではカウンセリングのみ受け付けています。

治療薬料金
マンジャロ2.5mg1本3,500円
マンジャロ5mg1本7,000円
オゼンピック2mg1本16,500円 針・アルコール清綿1,100円
リベルサス3mg10錠2,000円
リベルサス7mg10錠4,000円
リベルサス14mg10錠7,000円

リベルサスの通販に関するよくあるQ&A

リベルサスの通販に関するよくあるQ&A
リベルサスはなぜ痩せるの?

リベルサスはGLP-1受容体作動薬です。GLP-1は、食後に血糖値が上がった際、小腸下部から分泌されるインクレチンというホルモンの1つで、食欲を抑え、満腹感を持続させる効果があります。そのため普段より食事量が少なくても満腹感を得られ、体重減少に繋がります。

リベルサスの服用で食べる量を自然にコントロールできるため、つい食べ過ぎてしまう人におすすめ。

更に、食べ物の吸収を遅らせることで糖分の吸収も緩やかになり、血糖値が急上昇するのを防ぐことができます。

GLP-1の分泌量が多い人は食べても痩せやすい体質と言えます。

リベルサスを服用してはいけない人は?妊娠中や授乳中でも服用できる?

リベルサスの成分に対して過敏症がある人や低血糖症の人は服用することができません。

また、過去に膵炎にかかった人、他の糖尿病治療薬を内服もしくは注射している人、重度の胃腸障害がある人、胃の摘出手術を受けた人、高齢者も服用できません。

妊娠中・授乳中・妊娠を希望している人も服用できないため注意してください。

リベルサスの服用を止めるとどうなる?

リベルサスの服用を止めると体重減少の効果はなくなります。

ただし、リベルサスを長く継続して服用すると、止めた後にリバウンドする体重量が少ないことが報告されています。

摂取カロリーを抑えた食生活がしっかりと身につくまではやめない方がいいでしょう。

リベルサスは保険適用される?

リベルサスは2型糖尿病の治療薬として処方される場合は保険適用になります。

その他に、肥満外来の条件を満たすことで肥満治療として見なされ、保険が適用されるケースも。

肥満外来の条件は以下のとおりです。

  • BMI35以上の高度肥満の人
  • BMI25以上で脂質異常など生活習慣病を患っている人
  • いびきや無呼吸症候群を患っている人
  • 半年以上の内科治療で効果が出ない人

ただし上記の条件を満たさず、ダイエットのために使用する場合は保険適用されず、全額自己負担となります。

クリニックごとに自由に価格を決められる自由診療のため、事前に費用を調べておくといいですよ。

リベルサスを服用後、どれくらいで体重が減る?

リベルサスの服用開始から早い人で1ヶ月、通常は3~6ヶ月で体重が減る人がほとんどです。

効果を感じるまでの期間には個人差があるため、最低でも3~6ヶ月は継続してみてください。

リベルサスを服用しながら適度な運動を取り入れたり、バランスのよい食事を心がけることで、効率よく痩せることができるでしょう。

効果がないからといって自己判断で服用を中止すると、リバウンドする可能性があります。効果を実感できない場合は、投与量を7mgや14mgに増量することもできるため医師に相談しましょう。

リベルサスに運動や食事制限は必要?

リベルサスは服用するだけで食欲抑制や満腹感の持続、脂肪燃焼をサポートする働きがあります。そのため、基本的に運動や食事制限は必要ありません。

ただし、少しでも早く減量したい場合は、運動や食事制限との併用がおすすめです。あまり食事を制限しすぎると低血糖状態になることもあるので注意して様子を見ながら行うようにしましょう。

リベルサスは何ミリがいい?

リベルサスには3mg・7mg・14mgの3種類がありますが、最初は3mgを4週間から服用し始めるのが一般的です。

初期の頃は胃腸障害などの副作用が出やすいため、成分量の少ない3mgからスタートします。そこから徐々に段階を踏んで7mg・14mgと投与量を増やすことができます。

ただし、3mgでも十分な効果を得られている場合には、そのまま3mgを継続して服用することもあります。

リベルサスを奇数処方できないのはなぜ?

リベルサスを奇数処方できないのは、光や湿気に弱いためシートをミシン目のない箇所で切れないためです。

リベルサス服用の前後に飲食禁止なのはなぜ?

リベルサスの服用前後に飲食が禁止される理由は、胃に内容物があると薬剤の吸収率が低下するためです。

リベルサスは起床時などの空腹時に、120ml以下の水で服用することが推奨されています。また、服用後は最低でも30分は飲食および他の薬剤の内服を避けましょう。

リベルサスとサノレックスどっちがいい?

リベルサスとサノレックスは、一概にどちらがいいとは言い切れません。

リベルサスとサノレックスは、いずれも食欲を抑制する効果があります。両者の違いは服用できる期間と効果が出るまでにかかる期間です。

リベルサスは長く服用できますが、サノレックスより効果が出るまでの期間が長い傾向にあります。

ただし、サノレックスには依存性があるため、服用期間が3ヶ月までと定められています。3ヶ月経った時点で継続を希望する場合は、休止期間を設けて再びスタートすることになります。休止期間には1回も服用してはいけません。

サノレックスを服用したからといって、必ず3ヶ月以内に痩せられるとは限りません。効果は緩やかですが、長く継続できるリベルサスを服用して、地道にダイエットするという選択肢もあります。

リベルサスの併用禁忌薬は?

リベルサスの併用禁忌薬には以下のようなものがあります。

  • ビグアナイド系薬剤
  • スルホニルウレア剤
  • 速効型インスリン分泌促進剤
  • α−グルコシダーゼ阻害剤
  • チアゾリジン系薬剤
  • DPP−4阻害剤
  • SGLT2阻害剤
  • インスリン製剤等
  • レボチロキシン製剤

リベルサスは糖尿病治療薬との併用で、血糖降下作用が強まるなどの弊害が起こることがあります。

糖尿病以外にも、普段から服用している薬がある場合は、診察時に医師に伝えて指示を仰ぎましょう。

参考サイト : 日本医薬情報センター

リベルサスが効かないのはどんな人?

リベルサスは、日頃から食事内容や量に気を付けている人や糖質制限している人、あまり食べないのに太っている人には効果が出ないことがあります。

また、服用方法が誤っている場合も十分な効果を得ることができません。リベルサスは空腹時に120ml以下の水で服用します。その後、少なくても30分は飲食および服薬は禁止されています。

リベルサスそのものに体重減少の作用はありません。あくまで食欲を抑えて、食べ過ぎを防止するダイエットのサポート役です。そのため、食べ過ぎると消費カロリーより摂取カロリーの方が上回り、太ってしまいます。

リベルサスの副作用やデメリットは?

リベルサスの主な副作用は胃腸障害です。吐き気や腹痛・下痢・便秘などの症状が起こることがあります。ただし、服用開始からすぐに副作用が起こることが多く、継続して服用するうちに徐々に症状が緩和されていきます。

リベルサスは2型糖尿病治療薬として日本でも承認された安全な薬ですが、用法用量を守って服用しなければ、低血糖や急性膵炎など、重篤な副作用を招くおそれもあります。

副作用のリスクやデメリットを回避するためにも、医師の診察や説明を受けたうえで正しく服用することが大切です。

※本記事は医療上のアドバイスや診断を行うものではありません。
※本記事は医療広告ガイドラインに基づき作成しています。

目次